工場日記

気に入った洋楽の歌詞を和訳しています。
Kalavinka

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← I Fought the Law : The Crickets

No Plan : Hozier



For starts *1
まず初めに…
What a waste to say the heart could feel apart
なんて無駄なことだろう。心がばらばらになるかもしれないって言ったり
Or feel complete, baby
心が満たされるかもしれないって言ったりするのは
Why would you make out of words a cage for your own bird? *2
どうして君は自分を閉じ込める鳥籠を言葉で作ろうとするの?
When it sings so sweet
君の鳥はそんなに美しく鳴いているんだよ?
The screaming, heaving fuckery of the world? *3
泣き叫ぶように、あえぐように、この世界の愚行を歌っているんだよ?
Why would you offer a name to the same old tired pain? *4
どうして君は昔ながらのお決まりの "痛みや苦しみ" に名前を捧げようとするの?
When all things come from nothing and, honey, if nothing's gained? *5
すべては "無" から生じた。そして、そこから何一つ増えてはいないんだよ?

※ My heart is thrilled by the still of your hand
僕の心は震えている。君の手がまだ静かに動かないでいるから
It's how I know now that you understand ※
それで分かった。君が僕の言葉を理解してくれたと

☆ There's no plan, *6
定められた計画や目的なんてない
there's no race to be run
走らなければならない競走なんてない
The harder the rain, honey, the sweeter the sun
雨が激しければ激しいほど太陽を心地良く感じるられる
There's no plan, there's no kingdom to come *7
神の計画なんてないし、来るべき神の王国なんてないのさ
I'll be your man if you got love to get done *8
もし君が得られるべき "愛" を得ていないのなら、僕が与えよう
Sit in and watch the sunlight fade
座って。そして、見てごらん。日の光が消え行くのを
Honey, enjoy, it's gettin' late *9
楽しもうよ。こんな時間になってしまったけれども
There's no plan, there's no hand on the rein *10
"計画" なんてない。"手綱を握る手" なんてない
As Mack explained, there will be darkness again *11 ☆
マックが説いたように、再びこの宇宙は暗黒になる

Let it hurl, let the awful song be heard *12
皆に浴びせるんだ。その畏怖すべき歌を広く聞かせるんだ
Blue bird, I know your beat, baby
青い鳥よ。僕には君の鼓動が分かる
But your secret is safe with me 'cause if secrets were like seeds
だけど君の秘密は守るよ。なぜなら、もし秘密が "種" のようなものなら
Keep my body from the fire, hire a gardener for my grave
それは僕を火から守ってくれるし、僕の墓のために庭師を雇ってくれるから
Your secret is safe with me, and if secrets were like seeds
君の秘密は守るよ。そして、もし秘密が "種" のようなものなら
When I'm lying under marble, marvel at flowers you'll have made
僕が大理石の下に寝る時、君が作る花束の美しさに驚くだろう

※~※

☆~☆

My heart is thrilled by the still of your hand
僕の心は震えている。君の手がまだ静かに動かないでいるから
It's how I know now that you understand
それで分かった。君が僕の言葉を理解してくれたと
How big the hourglass, how deep the sand
なんて大きな砂時計だろう。なんて深い砂だろう
I shouldn't hope to know, but here I stand
望むべきじゃない、知る事を。それでも、僕はこの場所に立つよ

☆~☆


備考
  1. for a start : まず第一に(理由等を列挙する時に使う)
    for starters : 手始めに、まず最初に(レストランで料理を注文する際にも使う)
    ※ "for starts" という言い方は辞書にもなくネットでもあまり見かけない。誤用なのか造語なのか、または割とよく使われる俗語なのかも不明。
  2. make A out of B : B から A を作り上げる、B で A を作る
    ※これが歌詞では make out of B A という順番になっているのではないだろうか。
  3. screaming : [形] 金切り声の、(鳥が甲高く)鳴いている、センセーショナルな、けばけばしい
    heave : 隆起する、うねる、吐く、あえぐ
    heaving : (場所が人で)にぎわっている、うねっている、膨れ上がっている
    fuckery : 売春宿、愚かな(間違った)行為
  4. offer : 申し出る、提示する。提供する、提案する。売り出す、貸し出す。祈り・供物を捧げる。
    same old : 相変わらずの、いつも通りの、昔ながらの、お決まりの
  5. ※宇宙の始原について、ビッグバン以前には時間、空間、エネルギー、物質の概念に当てはまるものが存在しなかったという説がある。
  6. ※この plan と次行の race はいずれもキリスト教の考え方を批判しているように思える。キリスト教では、宇宙は神によって創造されたものでその未来も神の意志に基づいてもたらされる。また、人生を競走・競争に譬える言い方は聖書にも見られ、その意図は人間は神の意志に沿った努力をする義務があるというものである。
    ※物理学者 Lawrence Maxwell Krauss は反有神論者(積極的な無神論者)で、宗教や迷信を排し科学と理性の重要性を一般人に説く啓蒙活動に熱心である。
  7. ※キリスト教の終末論の一つに、イエスが再臨し、この世から悪を一掃して世界を造り変え、神の王国=天国を地上に現わすという千年王国説がある。
  8. I'm your man. : 私に任せなさい。私が適任だ。
    ※この love はキリスト教の "神の愛" を指しており神の愛ではなく人の愛を求めるべきだと言いたいのではないか?
  9. It's getting late. : 遅くなったね。もうこんな時間だ。
  10. rein : 馬具の手綱。制御(統制)手段。拘束、牽制。統御力、統制権。
  11. ※物理学者 Katie Mack は、宇宙の終焉について、膨張を続ける宇宙で銀河と銀河は離れ続け次第にお互いを観測できないほど遠ざけられ、孤立した銀河たちが最終的に燃え尽き、全宇宙が絶対零度に近づき無活動の平衡状態になるという "熱死" が最も可能性が高いだろうと言っている。
    https://excal.on.ca/death-of-a-universe-how-will-it-all-end/
  12. hurl : 強く投げる、投げつける、浴びせる、飛びかかる、思い切り吐く

 hozier wasteland baby

 2019年のアルバム "Wasteland, Baby!" より。相変わらず難解な歌詞ですが、ホウジァ本人はアメリカの物理学者ローレンス・M・クラウスとケイティ・マックの影響を受けて書いたものだと言っています。以前にクラウスの一般人向けの宇宙論の講義をテレビで見たことがあります。全体的には難しくて私にはよく理解できない所が多かったのですが、この歌詞を何度も読んでいる内に、彼が人間の歴史など宇宙の歴史の中においては些細で取るに足りないどうでもいいものであると言っていたのを思い出しました。同様に人間が生きているこの地球など宇宙の広大さの中では芥子粒以下のものでしかないとも言っていたと思います。つまり、時間的にも空間的にも宇宙規模の観点からすれば、人間の営みなど全く矮小な出来事に過ぎないという事です。
 ホウジァはこれまで訳してきた歌から察するに皮肉めいた批判的精神の持ち主だと思いますが、書かれた歌詞は決して悲観的あるいは虚無的なものではなく、むしろ暗さを纏った楽観主義といった感じがします。この歌詞も「宇宙はいずれ暗黒の無」となると言いながらもそれを悲観することなく、自分たちにできることをすればいいのだという結論に導こうとしています。
 上記のような背景事情を元にこの歌詞の意図を想像すると、神が定めた計画などないのだから人間は何らかの教条的な思想に囚われてはならない、ただ自らの頭で考えたことと自らの心で感じたことを頼りに日々を生きなければならないと言っているように思います。ただし、歌詞の細部は分からない所も多いのでこの解釈はあくまでも私の個人的な感想に過ぎません。

Do Bad Well : KSHMR feat. Nevve →

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://kawasaki5600.blog.fc2.com/tb.php/547-e0a34f53